ログイン

Androidアプリ開発~カメラアプリ編~

 2020.6.9 ゴリラーブログ ブログ 異世界ゴリラー新里

 

徐々に暑くなってきた今日この頃、ただ暑いだけなら何ともないのですが、蒸し暑いのだけは苦手な異世界ゴリラー新里です。

 

さて、今回からAndroidアプリ開発を掲載していこうと思います。

また、だれでも作れるような簡単なアプリにしておく事に決めました!

 

簡単なアプリといえども侮る事なかれ、初めて作ったAndroidアプリが、実際に手持ちのAndroidスマホやタブレットで動く楽しさを知るには十分です(笑)

 

そして、作成するアプリは超簡単なカメラアプリとなります。

 

ちなみに、Android Studioを使って作成しますが、Android Studioのインストール方法は、多くの方々が書いていますので、こちらでは割愛します。

 

プロジェクトを作成しよう

まずは、カメラアプリを作るにあたってプロジェクトの作成を行います。

New Projectから以下の条件で新規プロジェクトを作成します。

 

1.Empty Activityを選択し、Nextを押します。

2.Configure Your Projectは以下を設定します。

  Name:「My Application」

  Package name:「com.camera.myapplication」

   ※cameraの部分は任意で変更可。webで言うところのドメインになります。

  Save location:「任意の場所」に保存して頂いて問題ありません。

  Language:「Java」

  Minimum SDK:「API 23:Androi 6.0(Marshmallow)」

 

3.Finishを押します。

上記の手順で空のプロジェクトが作成され、

「activity_main.xml」と「MainActivity.java」の2つがタブで表示されていると思います。

こちらが「activity_main.xml」の画面。スマホ上で表示される画面になります。

正確にはこの画面+アクションバー+ナビゲーションバーが上下に付いてくる形ですね。

こちらが「MainActivity.java」の画面。アプリが起動時や、ボタンを押した時など、アプリの制御については、ここに書いていく事になります。

 

ちなみに、何も変更を加えないままで、スマホとPCをUSBケーブルで接続してデバッグボタンを押すと、「activity_main.xml」画面と同じ内容の画面が、スマホに表示されます。

自動でそこまで生成してくれるなんて便利ですね(笑)

 

まとめ

前置き書いたら長くなってしまいました(^^;)

今回はプロジェクトの作成まででしたが、次回から実際にコードを書いていきたいと思います!

 

© 2020 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー