ログイン

5Gビジネス開発補助金採択

 2021.8.18 ゴリラーブログ ブログ ボスゴリラー井口

 

 

ボスゴリラーこと井口です。

 

緊急事態宣言に入る前の7月に、家族で自宅近くの小さい縁日に行ってきました

地域のアートの人達が主催している様で、神社でジャズがかかり,

引き立てのエスプレッソが飲めたり、娘たちは苔の園芸が出来たりと縁日としては新感覚。

本当に小さな縁日ですが全然混んでないし、感染対策もしっかりしてたので安心して過ごせて大満足でした。

 

 

5Gビジネス開発補助金について

 

今回は最近採択させて頂いた「5Gビジネス開発補助金」について、少しブログしたいと思います。

弊社は創業より沢山の補助金を採択して頂きましたが、

今回はその中でも特別大きな補助金を採択頂きました。

 

補助額が500万円というのも勿論嬉しいのですが、それ以外にも下記の3つの特典があります。

1.ソフトバンク様の5G検証ラボが利用可能

2.AIDORの実証実験サポートを受けられる

3.TEQSのビジネスサポートを受けられる

 

 

サポートが手厚過ぎです!

きっと応募者も多かったはずですが、弊社ながら良く採択できました。笑)

 

補助金の目的は、

「第5世代移動通信システム(5G)を活用する 新たな製品・サービス開発を後押しすること」

ありますので、弊社の主力サービス:カカナイを5Gを活用した進化出来る様にしっかり開発していきたいと思います。

 

<主力サービスカカナイ>

 

目指すの圧倒的な使い易さ

 

結局、何を開発するの?カカナイの進化って何?っという話ですが、

詰まるところは「製造現場で圧倒的に使い易いカカナイ」を目指す為に、ARグラスを活用した開発に乗り出します。

 

現在、カカナイはタブレットをメインに製造現場に必要なデータ(製品個数、不良数、製造時間など)を入力していきますが、これをARグラスに置き換える事によって圧倒的な使い易さを実現します。

 

ARグラスのメリットは主に2つあります。

1.ウェアラブル

   これは言わずと知れた事ですが、眼鏡ですので両手が塞がるタブレットと違って製造現場で作業しながらでのデータ入力可能です。

2.視点を切り替えなくていい

   これは意外に大きな事なのですが、タブレットの場合だと対象物から目線を一旦画面に移し、データ入力を行います。一方でARグラスの場合は、視線を切り替える必要がないのは大きな利点です。

今後の進め方

ARグラスを活用したカカナイの進化版ですが、23年の夏の実用化を目指して進めます。具体的な今後の進め方のステップは以下です。

①.22年の春:ARグラスで動作するカカナイ第一弾試作品リリース

②.22年内:既存のお客様に試作品をご利用頂く

③.23年夏:正式リリース。新規のお客様にもサービスを提供する

 

今回採択頂いた補助金や様々なサポートを頂きながら、圧倒的に使い易いカカナイにゴリラーが挑戦していきます。また、進捗が出て来ましたら皆さんにもお伝えたいと思います。

 

最後まで読んで頂いて有難うございました。

 

© 2021 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。