ログイン

電子工作をはじめよう!!

 2020.6.30 イクメンおむつ替えゴリラー福田 ゴリラーブログ ブログ

 

こんにちは!イクメンオムツ替えゴリラーの福田です!

 

さて、前回から「IoTオムツ」づくりに挑戦しています。

 

ひとまず日本橋(西の秋葉原とも称される日本三大電気街の一つ)に行ってみました。

 

 

電子工作のコーナーとにらめっこすること1時間・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・だんだん気が遠くなってきたので、一旦退却することにしました。

 

↑いつもより大きく感じた通天閣

 

いきなりオリジナル作品はハードルが高いようなので、

 

まずは入門書を参考に何か作ってみようと思います。

 

スマートリモコンをつくってみよう!

 

というわけで、自粛明けの暑い夏をサポートしてくれる「スマートリモコン」を作ってみたいと思います。

 

Q、スマートリモコンとは?

家電を声で操作したり、外出先から操作したりできるリモコンのことで、帰宅前にエアコンをONして、部屋を涼しくしておくことが出来ます。

 

早速、以下を買い揃えてみました。

 

・UNO(aruduinoUNO互換機)

・ESP-WROOM-02-ピッチ変換キット

・二クロムはんだごて

・はんだ

・ブレッドボード

・赤外線リモコン受信モジュール

・5mm赤外線LED 

・トランジスタ

・カーボン抵抗

・ジャンパワイヤ(オスーオス)

・電池ボックス

 

今回の電子工作では、「マイコン」に挑戦したいと思います。

 

マイコンとは?

「マイコン」については、以前先輩のミュージックゴリラー「ラズベリーパイっておいしいの?」も紹介していますが、ざっくり言うと、簡単なプログラムが実行できる小さなPCです。

 

電子工作で使用されるマイコンで有名なものに、ミュージックゴリラー愛用の「Raspberrt Pi(ラズベリーパイ)」や、今回使用する「Aruduino(アルドゥイーノ)」があります。

 

両者を比較したサイトは多くありますが、今回「Arudino」を選んだ理由としては、ずばり「気軽さ」です。

 

Arudinoは「オープンソースハードウェア」であり、設計図が一般公開されています。そのため、類似品を自作したり販売したりすることも出来て、互換機(類似品)であれば数百円から販売されています。(ただし、「Aruduino」の名称は使用できない)

性能は「Raspberrt Pi」には劣りますが、それでも「ドローン」などの高度な作品も作れるようです!

 

気軽に電子工作を始めたい自分にはピッタリ!というわけで、今回は400円の激安互換品を購入してみました。

 

開封した勢いでピンソケット破損しました!

 

少々長くなってきたので、次回以降実際の制作の様子をお伝えしていきたいと思います!夏に間に合え!

© 2020 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。