ログイン

社内プロジェクト管理のリアルタイム受発信により、さらに業務効率アップ

 2019.8.2 グローバルゴリラー李 ゴリラーブログ ブログ


グローバルゴリラー李です!

管理者だけにかかわらず、一般の社員のみなさんもExcelでのプロジェクト管理に限界を感じることはありませんか。
そのときはプロジェクト管理ツールを導入したいですよね。

プロジェクト管理ツールは、プロジェクトの進行を少しでもわかりやすく、そして確実にするためのツールです。プロジェクトの進捗を可視化できるため、遅延タスクを減らせるでしょう。

プロジェクト管理ツールの主な機能

プロジェクト管理ツールの主な機能としては、以下のようなものがあります。

・プロジェクト管理
・TODOリスト
・スケジュール管理(工数管理・チーム管理)
・問題点、課題の管理や洗い出し

しかし、どのプロジェクト管理ツールが現場、仕事の進め方に合っているか、さっぱり分からないですよね。

プロジェクト管理ツールの機能は大体の場合、

「タスク管理に特化した機能」

「工数管理に特化した機能」

「情報共有に特化した機能」

の3つに大きく分けることができます。

本記事は この3つの機能プラスアルファ「リアルタイム受発信」の必要性について紹介していきたいと思います。

システムがWebアプリの場合、一般のhttp通信の仕組みにより、画面が常に自動更新ではないので、あるデータが更新される時に、同じ画面を開いている他の人に対して、手動で画面を更新しない限り、新しいデータの反映は出来ません。そうすると、多くのメンバーで使われているプロジェクト管理システムの場合、頻繁に画面を更新しないと、リアルタイムにプロジェクトの進捗を管理することができません。

WebSocket

上記の手間を解消できる「WebSocket」を紹介します。
簡単にいうとWebSocketで実現できることは、同じシステムを使うメンバー同士に対して、一人一人の操作(データの追加、更新、削除)が画面更新を行わずとも、リアルタイムに他のメンバーの画面上で表示されます。(Lineの通知のようなイメージ)

これにより、コミュニケーションのコストを大幅に抑えることができます。職場が遠距離であっても、一々電話とかメールで確認する必要がなくなるので、かなり便利です。

© 2019 Mountain Gorilla Co., Ltd.