ログイン

新型コロナでリモート始めました!

 2020.2.21 ゴリラーブログ ブログ ボスゴリラー井口

ボスゴリラーこと井口です。

 

巷では新型コロナ感染の話題でもちきりですね。

このブログを書いてる時点(2/19調査)で国内感染者は73名。中国では2,004名の方が亡くなっています。*厚労省HPより

凄まじ勢いで感染が広がっています。

 

私も3,6歳の娘もいますし、和歌山県出身、岸和田在住ですので、新型コロナの情報はどうしても敏感にならざるを得ません。

 

そんな中、MGでは今週の火曜日(2/18)より在宅ワークを始めています。

ITいわゆるシステム開発が本業で、基本的には場所を選ばず仕事が出来ますので、この機会をチャンスと捉えてチャレンジしています。

 

何故、リモートワークをやるのか?

1つは新型コロナの感染リスクを抑えるためですね。通勤ラッシュに乗らないだけでも、かなりの感染リスクを回避する事ができます。また現状そんなに広くないオフィスに人が集まって仕事していますので、その接触がなくなることもリスクを低減繋がると考えます。

 

もう1つは、場所を選ばない働き方へのチャレンジですね。

私はもともとMGを創業する前はサラリーマンエンジニアをしていて、ワンフロアー100人を超えるオフィスで働くエンジニアの姿に疑問を持っていました。

 

特にITの業界はパソコンがあれば開発が出来るので、他の業界(例えば店舗販売の小売とか製造業)よりはリモートワークがし易いと思ったからです。

 

実際にやってみてどうか?

全然出来ます! 笑) ちなみにMGの場合は各自のPCをTV会議で繋げて就業しています。ルールは今やりながら作ってるところではありますが、始業、終業、15分以上の離席がある場合はスラック(業務向けのLINEの様なサービス)にて連絡するルールはあります。下記の感じです。

 

本社グループのTV会議の様子

スラックでの連絡の様子

 

やってわかった事

まずは金融系の打合せには使えないという事がわかりました!昨日も某銀行の支店長が来て頂けるという話を頂いたので、駄目もとで「新型コロナの影響で在宅ワーク中なので、TV会議でお願いできますか?」と打診したところ、思っている以上に速攻断られ、笑) 結局、訪問させて頂きました

 

あとは営業関係もやり難い部分があります。新型コロナを理由にリモートの打合せは提案し易くはなるんですが、やはり新規のお客様とかになるとハードルが上がりますね。

 

開発の部分ではある程度問題ないんですが、セキュリティー面をかなりケアする必要がある案件はリモート対応のハードルが高いのと、ディスプレイの複数使いや配置を含めて、やはりオフィスは開発環境を整えているので、在宅勤務では生産性が落ちるとの声もあります。この点は、自宅の環境を整えればいいですが、環境整備にも時間がとられるので、スムーズな移行は難しい様です。

 

総じてチャレンジして見えてきたことがあるので、良かったと思っています。一旦、2月末でリモートワークを終了するか継続かを考えようと思いますので、何かあればブログでもアップしていきたいと思います。

 

最後まで読んでくれて有難うございますm(_ _)m

© 2020 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。