ログイン

伝統の中にもシステム化の波はきています!

 2020.7.22 ゴリラーブログ セールスゴリラー松本 ブログ

 

各地で大きな被害をもたらした長い長い梅雨が明け、更に新型コロナウイルスの影響で毎年楽しみにしていた夏祭りや花火大会も全滅。

 

しかし、外出自粛が徐々に緩和され、いよいよ本格的な夏に向けて居酒屋で仕事終わりのビールを楽しみにしていたのも束の間、大阪府内の感染者数が過去最多を更新し、再び自粛モードに突入。

 

という訳で、現在何か自分の中で新たな楽しみを見出すべく、バタバタともがいているセールスゴリラー松本です。

 

今回は、冒頭で少し取り上げた花火についてお話しをしたいと思います。

 

花火の打ち上げ方、ご存知ですか?

 

夏の風物詩といえば、やはり各地で開催される花火大会は外せません!!

 

ところで、打ち上げ花火ってどのように打ち上げているのか皆さんご存知でしょうか?

 

「日本の伝統文化だし、花火師さんがきっとこんな感じで打ち上げているんでしょう。」

確かに昔は玉を込めた後にひとつひとつ手作業で火を点けて打ち上げていたそうですが、今はもっと時代が進んでいます!!

 

「花火に点火スイッチが付いていて、花火師さんがボタンを押したら花火が打ち上がるんでしょう。」

 

これは比較的小規模の花火であれば、今も使われておりますが、殆どの場合はもっと先をいってます!

 

では、今はどうやって打ち上げているのでしょうか?

花火も今やプログラムで制御する時代!!

 

昔と違い、今はただ花火を打ち上げるだけではなく、音楽や3Dマッピングとコラボレーションした花火も多く、タイミングや射角等含め、その全てを花火師さんがボタンで全て制御するのは無理があります。

 

そのため現在は主に打ち上げ花火用のソフトウェアを使用し、全てを制御するのが主流となっています。

しかもかなり詳細な部分までプログラムで制御することが可能になっています。

 

具体的にはソフトウェアを使用し、打ち上げプログラムを作成、シミュレートした後、点火用のソフトウェアと繋げて、安全確認した後に「Enter」ボタンを押せば、花火が打ち上がるそうです。

 

しかも、打ち上げ花火用のソフトウェアは「Java」 がプラットフォームとなっているツールが多いそうなので、Javaを体得されている方であれば、ソフトウェアを使うことはもとより、ソフトウェア自体を作成することも夢ではありません。

 

未来の花火師として、人々に感動を与えるプログラマーが当社より現れることを楽しみにしています!!

 

以上、セールスゴリラー松本でした!!

 

© 2020 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー