ログイン

人工知能(Artificial Intelligence)をもう少し詳しく!

 2019.11.6 ゴリラーブログ ブログ 異世界ゴリラー新里

昼はそれなりに暖かく、夜はそれなりに肌寒くなってきた今日この頃。

 

秋を感じて焼き芋が食べたいな~と思いながら、なかなか買いに行こうとしない異世界ゴリラー新里です(笑)

 

今回は、前回の続きとして、人工知能(AI)についてもう少し詳しく話してみます。

と言っても、一般的な事までしか理解出来ていないので、AIに詳しい人からしてみれば、大した内容じゃないと思いますが・・・(汗)

 

まずは、AIの分類から話してみようと思います。

 

■AIは「強いAI」と「弱いAI」で分類される

一般的な分類として「強いAI」と「弱いAI」に分類されています。

 

「強いAI」

簡単に言ってしまえば、人間みたいに自我とか自意識などを持ったAIです。

人間のように考える事が出来るため、想定外な事に対しても考えて対応する事ができます。

分かりやすい例として、ドラえもんなどが「強いAI」としてあげられています(笑)

 

「弱いAI」

ある特定の機能や作業などに特化したAIです。(画像認識などはこちらに分類されます)

自意識などは無い為、想定外なことに対して対応する力は持っていないですが、与えられた仕事をこなす事に対しては自動的に対応する事が可能です。

例としては、プロ棋士に勝利した囲碁のAIなんかが有名ですね。

 

■AIは「汎用型AI」と「特化型AI」としても分類される

上記では「強いAI」と「弱いAI」の分類について説明しました。

このほかに、「汎用型AI」と「特化型AI」の2種類にも分類する事ができます。

 

この「汎用型AI」と「特化型AI」について、また、「強いAI」と「弱いAI」/「汎用型AI」と「特化型AI」の違いについてなどは、次回以降で説明したいと思います。

 

■まとめ

単にAIと言っても「強いAI」「弱いAI」「汎用型AI」「特化型AI」といった分類があります。まずは、これら分類の事を知ってもらい、世の中で使われているAIがどの分類に当て嵌まるのか知ってもらう事で、AIの現状やAIに対する認識を広げて頂ければ幸いです。

 

© 2019 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー