ログイン

一年の計は元旦にあり!

 2020.1.10 ゴリラーブログ ブログ ものぐさゴリラー本山

 

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、目標や計画などは決めましたか?

私は目標を下記の通り設定しました。(ちょっと個人に閉じた範囲です)

・簿記3級の取得

・簿記2級の範囲「工業簿記」の理解

・製造業向けの業務知識の修得

 

目標を決める際にアレコレと段階を踏んで考えました。今回はその道筋をご説明します。

※私はこの手のセミナーの講師等ではありません。あくまで私個人で考えた道筋であること、ご了承ください。

※長くなるので周囲を巻き込んだ組織目標については省略しました。

 

「目的」を理解し、「役割」に落とし込む!

まず、目標を決める為には目的の理解が必要です。今回の目的は「なりたい理想の姿」と定義します。

そして「理想の姿」は下記の通り定義しました。

・周囲から感謝される

・周囲から認められる、仕事を任される

 

これを考える為には、どの様な姿になっているかを考える必要があり「周囲から求められている事」を理解する必要があります。

「求められている事」は「あるべき姿」であり、「”今の自分と比較して” 先に行く姿」になります。

 

例えば、

・求められている役割

→今の役割と比較して一年後はどの様な立場を担っているべきか

・求められている活躍

→一年を通して来年までにはどの様な仕事が出来る様になっているべきか

 

私事ですが、担当業務が去年の6月に変わりました。

それから半年ほど経過している状態ですが、まだまだ質問や依頼を受けてから調べ始めるという状態です。

「慣れる+理解する」から「理解する+提案する」に変わる必要があります。

その為に前述の目標を設定しました。

 

・簿記3級の取得

・簿記2級の範囲「工業簿記」の理解

→業務の理解がスムーズに進む様に基本的な知識を固める

 

・製造業向けの業務知識の修得

→業界標準の情報を収集する為にシステム面での一般的な知識を修得する

 

個人の閉じた範囲での努力目標で、新人みたいな内容の目標だと自分でも思ってしまいます。

しかし、業務が変わって半年が過ぎても、依然として業務知識が不足しているという問題がわかりました。

 

目標設定には周囲の意見を参考に!

個人の閉じた目標では「先を行く人」の意見を参考にしました。

組織における自身の役割を理解するには客観的な視点が必要であり、縦の意見、横の意見を参考にして整理が必要になります。

こちらは普段の同僚や上司と意見を交換する場が割と頻繁にあるので、そこから引き出しています。

 

目標を考えるだけでも一苦労……。しかし、設定すれば行動の指針になります。

目標を高く設定する必要は必ずしも無いと思います。

大事なのは目的を理解し、それに向かって行動している事だと思います。

 

© 2020 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー