ログイン

リアルがダメならバーチャルでやればいいじゃない!

 2021.1.26 ゴリラーブログ ブログ 異世界ゴリラー新里

 

寒さに弱いからと厚着したら、逆に暑くて辛いと感じたこと数回な今日この頃(笑)

異世界ゴリラー新里です。

 

今回、開発の話は休憩しまして、VRなお話をしていきます。

(決して時間がなくて諦めた訳ではない!)

 

今までVRについていくつか話してきた気がしますが、

今回はより具体的なVRの例として、1つ取り上げてみたいと思います。

 

VR世界は濃密!されどNo密!

コロナの影響で、人が集まるイベント等は基本的にできない状況となっている昨今。

そんな中、3密を気にする事無く安全に楽しめる大きなイベントが開かれていました。

 

それがバーチャルマーケットです!!

 

バーチャルマーケットとは、来場者が会場に展示された3Dアバターや3Dモデルなどを

自由に試着、鑑賞、購入できる、バーチャル空間最大のマーケットフェスティバルとのこと。

 

最近だと、2020年12月19日~2021年1月10日までバーチャルマーケット5が開催されていました。

有名な企業様も複数出店されていたご様子。気になる方は見てみて下さい。

※ディズニーストアが参加していた事には驚きました(笑)

 

このVR世界でマーケットを開く試みは他にもあって、例えば2020年8月には、

同人コミック即売会(ComicVket1)、同人音楽即売会(MusicVket1)などが開催されていました。

ComicVket1は10万人、MusicVket1は8万人もの来場者数となったそうな。

 

ちなみに、2020年4月29日~5月10日の12日間で開催されていたバーチャルマーケット4

延べ50万人超えの来場者数となったそうです。スゴスギル・・・( ̄▽ ̄;)

 

といった感じで、VR空間にイベントの場を用意することで、来場者はその場を見て回るだけでも

楽しむ事ができるし、また、買い物をしたりする事も出来るわけなんですね。

 

VRの今後の可能性

上記の様に、今後はVR上でのイベントなども増えてくる可能性はあると思います。

特に、買い物関係でいえば、これから(VR市場として)競争が始まるんじゃないかな~と。

 

何より、VRのヘッドセットが、PC不要で使えるオールインワンのものが

安価で買える時代になってきた。

※安価といいつつ4~5万しますが、ハイエンドPCやゲーミングPCが不要なんだから安いもんだ(笑)

 

それに伴い普及率も伸びていくのであれば、さらなるVR時代の加速が起きるかもしれない。

そしてそこにはビジネスチャンスが転がっているに違いない!

 

いよいよ学生時代に妄想していた世界が現実になりつつあるのだ、

出来る事なら製作者側として関わることが出来ればと思う。

 

 

© 2021 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。