ログイン

プロマネを一から開発に挑戦しました(後編)

 2019.9.3 ゴリラーブログ ブログ ミュージックゴリラー河田

早くも9月がスタートしました!ミュージックゴリラー河田です。

だいぶ涼しくなってきて、陽が落ちるのも早くなり、夏が終わるこの時期になると今年ももう少しかと何だかもの哀しい気持ちになります。

お盆休みはゴリラー皆それぞれ休みを満喫したようで、僕も実家に帰省して家族との時間を過ごしました。

そしてミュージックゴリラーの名に恥じぬよう行ってきました、サマソニ!!

言うまでもなくそれはそれは暑かったですが、B’zの「ウルトラソウル!HEY!!」で皆一体となって夏を締めくくれたのは良き思い出となりました。

それでは今回のブログ本編に参りましょー。

 

今回開発したシステムについて

前回はデザイン、画面レイアウトまで進めた話を書きました。
今回はシステムの話を書いていきます。

 

今回主に開発した中で特徴的だったシステムを上げると、

・自動メール送信機能

(入力値、選択が規定外のものが入力されるとメール送信。あるいは規定の時間に入力がなかった場合にメール送信)

・帳票出力

・権限者による承認、差し戻し機能

主にこんなところです。

 

特に苦戦したのは時間内に入力がなかった場合の自動メール送信機能と帳票出力でした。

時間の設定って一体どうやるんだ!?

帳票出力で決められた日にちごとにループさせてシート増やして、さらにページファイルを分けてzipファイルで出力ってどうやってコード書けばいいんだ!?!

と、正直自分一人ではとても無理で上司に付きっきりで教えてもらい何とか仕上がったといったところです。自分の仕事もあるのに遅い時間まで付きあってくれる頼もしき、そしてありがたき上司ゴリラーでございます。

 

納期との闘い

やはり決められた納期までに仕上げるというのが大前提かつ、一番守らなければいけない約束です。まず取り掛かる前に自分で機能ごとに小分けし、それぞれをいついつまでに仕上げるというスケジュールを組むのですが、最初の画面レイアウトやマスタ管理機能までは意外と早くできてこれなら余裕かも♪なんて調子に乗っていたのですが、いざ難しいシステムに取り掛かると一機能が一日かけて何とか終わるか終わらないかといったところでどんどん後がなくなっていきました。

上司がデザインよりシステムに時間をかけろと言った意味がここでようやくわかり、まずはシステムを一通り実装するのが最優先だなと痛感いたしました。

それでも何とか上司の協力や、同期も同じようにプロマネを一から初めて開発に挑戦していて頑張っていたのでそれがいい刺激になり乗り越えることができました。

 

今回の開発を振り返ってみて

実際後半は慌てて余裕がなかったこともあり詰めの甘さが目立ってしまい、修正点もいくつか出ました。ただやはり自分で一から開発したこともあり、我が子と言えば言い過ぎかもしれませんが製品に愛着が湧きました。

課題としてはやはり時間ですね。もっと早く画面も機能も実装できるようになってあらゆる不具合を想定してのテストを実施し、直しがいらないほぼ完璧な状態で提出できるようになるのが理想ですね。と口では何とでも言えますがまだまだです。。。

それでも今回一から開発できたことは一連の流れを知る機会となり大きな収穫となりましたので、今後もここで学んだものを活かしもっといいものを作っていきます。

自慢できるような機能を自分一人で実装できた時にはまたここに書きたいと思いますのでお楽しみに!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

© 2019 Mountain Gorilla Co., Ltd.