ログイン

プログラミング言語の雑学

 2020.10.30 ゴリラーブログ ブログ 寿司ゴリラー木村

 

初めまして、寿司ゴリラーの木村です。

 

今回からゴリラーネームをつけることになり、

好物が寿司ということで、スシゴリラーを名乗ります。

(ゴリラなのに寿司が好き・・・)

 

MGではプログラミング言語は主に、PHPやGo,Javascript等を使用しています。

一度、知識を整理するために、ここでプログラミング言語とは何なのかを

少し解説しようと思います。

 

 

コンピューターにとっての言語=機械語

日本人は日本語で、アメリカ人は英語で、中国人は中国語で会話をします。

同じようにコンピュータは機械語を使って動作しています。

普段みなさんが機械語を目にすることはほぼありません。

機械語だけを表示してもこんな感じになります。

[0100110101000111]

これを人間が読むのはかなり大変です。

 

 

機械語の翻訳者 コンパイラ・インタプリタ

では、コンピューターにはどうやって会話(プログラミング)をしているかというと、

私たちが書いたPHPやJavascriptは、機械語に翻訳されてコンピュータに届いており、

その翻訳者を「コンパイラ・インタプリタ」と呼びます。

 

プログラムが動作するまでには、以下の三段階を経由します。

——————————————————————————————————————–

【高水準言語】C、PHP、Ruby、Javascript等

人間が理解できる形

【中間言語】アセンブラ

 【低水準言語】機械語

コンピュータが理解できる形

——————————————————————————————————————–

 

なので私たちがプログラムを実行するときは、コンパイル・ビルドといった処理を挟みますが、

それはコンパイラが翻訳作業をしているわけです。

 

 

プログラミング言語の違い

最後には全て機械語になるなら、プログラミング言語の違いって何?と考えるかもしれません。

 

いろいろなプログラミング言語は、使用用途や歴史的背景から作られました。

それらの目的によって得意不得意が変わります。

 

各プログラミング言語の違いを書くだけで、ゴリラーブログがもう1本書けそうなので

次回にしようと思います。

 

 

所感

プログラミング言語には、得意不得意があり、全てに一長一短があります。

「みんな違ってみんな良い」ということであり、目的に合わせて最適なプログラミング言語を

選ぶことがベストだと考えています。

 

実は、プログラミング言語を切り替えることのデメリットもあるのですが、

そのあたりは後々にお話しできればと思います。

ありがとうございました。

 

 

© 2020 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。