ログイン

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

 2021.5.14 ゴリラーブログ ブログ 風呂ゴリラー前田

 

皆さんこんにちは!

風呂ゴリラーの前田です。

 

今年のゴールデンウィークは前年同様に緊急事態宣言下でありましたが、

皆さんはどのように過ごされましたか?

 

僕自身は近所のスーパーに買い物する以外はずっと家に籠っていました。

じゃあ家で何してたの?っていうと

家の大掃除や子供とゲームしたり録画していた金曜ロードショーを観たりと…。

 

後、もうすぐITパスの試験も控えているので勉強して過ごしていました。

 

今回のブログで何書こうかなと考えて、

最近あちこちで耳にする「デジタルトランスフォーメーション(DX)」について書こうかと思います。

 

僕もまだまだ勉強中なので「ここ違うよ」等あるかもですが悪しからず。

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

 

goo辞書によれば、

IT(情報技術)が社会のあらゆる領域に浸透することによってもたらされる変革。

 

2004年にスウェーデンのE=ストルターマンが提唱した概念で、

ビジネス分野だけでなく、広く産業構造や社会基盤にまで影響が及ぶとされる。

デジタル変革。DX。

 

要するに、デジタル技術を活用して人々の生活をより良いものにしていく変革。

 

僕の場合は、今までリアル店舗で買い物をしていたのが今ではAmazonや楽天、

yahooショッピング等、ネットで買い物することがかなり増えました。

おかげでわざわざ店舗に足を運ばずとも家で買い物ができるので

めんどくさがりな僕にとっては生活がとても楽になりました。

 

 

具体的な取り組み

 

前述でもあるように僕はよくAmazonを利用しているのでそれを例に伝えようと思います。

 

皆さんもご存じかと思いますが、Amazonの企業理念は

「地球上で最もお客さまを大切にする企業であること」「地球上で最も豊富な品揃え」

を掲げているのは有名ですよね。

 

常に最高の顧客体験の実現を目指し日々奮闘している企業です。

 

ボタン一つですぐ買い物できちゃう1-Crickで今すぐ買う。

めんどくさい住所やクレジットカード情報等の入力手間が省けて便利。

しかもプライム会員なら送料無料なので余計なものまで買ってしまう。

おまけに注文履歴を機械学習で分析させて会員が次に何を買うのかを予測させ、

配達先の近い倉庫にあらかじめ置いておく。

ビックリですよね。

 

他にいろいろやっているみたいですが、

このように顧客体験を提供することで大量の顧客の行動データが集まり、

それらを機械学習で分析させて事業の施策やマーケティングに活かしています。

 

DXの実現はビジネスの変化に即座に対応し、

事実のデータに基づき戦略的に施策の最適化

継続的に実現することで我々の生活を便利かつ豊かにしてくれるものなんですね。

 

以上

© 2021 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。