ログイン

ジェネレーティブAIってなんぞ?

 2022.6.21 ゴリラーブログ ブログ 異世界ゴリラー新里

 

 

徐々に日々の暑さが厳しくなってきていると感じる今日この頃。

そろそろ今年も夏がやってきますね!

個人的な話ですが、夏に自宅からリモートで仕事をしていると気になる事があります。

 

そう、電気代!主にエアコン代!(笑)

 

リモート期間中は数十時間稼働しっぱなしになる事が多いので、

電気代が春や秋に比べて2~3倍の金額になるんですよね( ^ω^)・・・

困ったもんだ!と思っている異世界ゴリラー新里です(笑)

 

さて、今回はジェネレーティブAIってなんぞ?なのですが・・・。

実はまだちゃんと調べられてません!( ̄▽ ̄;)

 

さらっと目を通した記事を元に想像で書きます!(マテ)

 

私が最新技術のトレンド等を調べる際に、参考にしている情報の1つに、

米大手調査会社のGartnerが出す「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」があるのですが、

その2022年版の中の1つにこれがありました。

 

 

■Gartner、2022年の戦略的テクノロジのトップ・トレンドを発表

(https://www.gartner.co.jp/ja/newsroom/press-releases/pr-20211117)

 

リンク先の内容を見るに、ジェネレーティブAIとは

「コンテンツやモノについてデータから学習し、それを使用して創造的かつ現実的な、

まったく新しいアウトプットを生み出す機械学習手法」とのこと。

 

※上記の文を読んで、何が凄いのか?何に使えるのか?に気付けた方は、

 AIについて理解のある方だと思います(笑)

 

要は「AIが学習した内容から、新しい何かを作り出す」と言った感じでしょうか?

 

今までのAIは学習した内容の範囲でしか答えを出せませんでした。

物体検知で言えば、Aだけを学習させたら、Aは検知するが、Bは検知できません。

つまり、A以外の新たな何かを答える事は無かった訳です。

 

ジェネレーティブAIは学習した事を使って、まったく新しいアウトプットを生み出すので

 

これはAです。これはBです。

 

ではなく、

 

AとBを元に、Cはどうか?

 

といった具合に答えてくれるって事です。それも想像的かつ現実的な答えで。

どうでしょう?凄いじゃないですか?(語彙力!)

 

Inputを入力するだけで、いくつものOutpuをAIが提案してくれて、

人はその中から選んで決定するだけで済みますよって事です。

そう考えるだけでも、色々な領域で活躍できそうですよね!

 

今後もジェネレーティブAIについては、ウォッチを継続していこうと思います!

 

© 2022 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。