ログイン

ゴリラの仲間

 2019.8.9 グルメゴリラー黒川 ゴリラーブログ ブログ

グルメゴリラーの黒川です。
明日からお盆休みとなりますが、初日は淀川花火大会がありますね(^^)
夏は寒がりの私にとっては過ごしやすく、イベントも多いので好きです。
イベントといえば去年初めて行った燈花会に今年も行ってこようと思います!
近畿はイベントの数が多く、大規模なので、田舎育ちの私からしたら本当に新鮮で楽しいです。

今回は社名であるマウンテンゴリラに関連してゴリラの仲間について書いていきます。

類人猿

類人猿は『ヒトに似た形態を持つ霊長類を指す通称名』で、ヒトに最も近く、腕が長い、尻尾がないという特徴があります。
ちなみに霊長類は原猿類、類人猿、ヒトなど現在約200種類存在しています。
類人猿はゴリラ、チンパンジー、ボノボ、オランウータン、テナガザル類が当てはまります。
次はこの中から、何種類かピックアップして紹介していきます。

ゴリラ

まずは、語るに外せないゴリラから!
ゴリラという名前はギリシャ語で毛深い部族という意味の「gorillai」にちなんでいます。
確かにその通りですね(笑)
ゴリラの種類についてですが、ゴリラの種類の分け方には学説によって違うようで
すが、最多で4種類の説があります。
また、ゴリラはいかつい見た目をしていますが、非常に繊細でストレスに弱いとのことで、神経質性からくる下痢を発症したり、心臓病にかかってしまうことが多いです。
皆さん動物園でゴリラを見かけたらどうか温かい目で見てあげてくださいね。

ボノボ

動物園にいないので今まで知る機会がなくこのブログを書くにあたって初めてボノボという動物がいることを知りました。
ボノボはチンパンジーと同じく最もヒトに近いと言われており、凶暴なチンパンジーとは打って変わって争いを好まない非常に温厚な性格で、コミュニケーション能力が高いのが特徴です。
両者を対面させてみると、チンパンジーは威嚇し続けたのに対し、ボノボは餌をチンパンジーに分けようとしたり、お腹を見せるといった友好的な合図を送っていたそうです。
そんな心優しいボノボはヒトとDNAの違いは1.3%のこと。
1.3%は数字で見ると小さいように感じますが、ヒトと霊長類比べてみて皆さんはどうお考えになりますか?

© 2019 Mountain Gorilla Co., Ltd.