ログイン

やることはやっとくべき

 2021.12.14 ゴリラーブログ フォトゴリラー梯 ブログ

 

 

お久しぶりです。

フォトゴリラーの梯です。

 

最近はお出かけすることが多く、ご飯を食べるのが趣味です。

周辺のご飯屋さんがまあ、ンまいんです。

お酒を飲むことが減ってきたもので、

お昼時のごはんに命を懸けています。

 

どこか美味しいところがあれば教えてください!

 

最近食べておいしかったもので、あげておきます。

 

   

 

設計書のありがたみ

 

私が少し携わらせている業務のことを少しばかり。

ゴリラーのみんなには最近よくこれについてお話してしまいます。

 

「設計書」

 

なんやこれ。

 

今まで書いたことも見たこともなかったので、

現在膨大な量の情報を6枚のエクセルでかきかきしているわけです。

 

設計ってなんやねん。なんて思ってたので

すこしばかりこれのありがたみとすごさを紹介させてください。

 

設計書ってなんやねん

 

 

一言でいうと、説明書のような。

(こんなテキトーにいったら怒られますね。)

 

簡単にいうと、この通りにコードを書けばプログラムが書けるってやつ(らしい)です。

 

設計書には、こんな感じのものがあるみたいです。

 

・提案書

・要件定義書

・外部設計書

・内部設計書

・プログラム設計書

・テスト仕様書

 

基本設計や詳細設計とくわし~~く書いてくわけですよ。

プログラムを書いてくうえで必要な情報を設計の段階で決めて

ゴリゴリ書いていくわけで。

 

なんでこんなことするのー??

うーーーん、正直めんどくさい。

 

と思ったのですが、これが本当に必要。

 

こういうことだよ設計書

 

➀スムーズな作業ができます。

もちろん、実装段階で変更点などでてくることもありますが、

作りながら考えるより効率いいですよね。

 

他に参画する人がいた場合の情報伝達や共有、実装のイメージもわきやすいです。

これで工数コストもだいぶできるのではないかなと。

 

➁エラーの防止

個人の裁量で書いていってしまうと無駄なコードも生まれますし、

設計者が意図しないことに繋がることも。

 

エラー修正やミスが増加する恐れもあります。

誤認やミスを減らすには必要ですよね。

 

③保守管理の負担を削減する

 

設計書があれば、なにか起こった時にそれをみればわかるのです。

誰が見ても分かるものなので、原因の調査や修正も負担なく行えます。

 

誰か一人しかわからないプログラムだと、

一人の負担にもなりますし、なにより何か起こった時がたいへん。

 

こういうことをすることで、いろいろなプラスに繋がりますので、

改めて設計書ってだいじだなーーーって思いました、以上!!

 

最後に少し早めのクリスマス気分を!

 

 

© 2021 Mountain Gorilla Co., Ltd. 

プライバシーポリシー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。